本文へスキップ

ウクレレの各部の名称/あの高木ブーさんの指導であなたもウクレレが楽しくマスターできます

高木ブーのウクレレ講座

高木ブーのウクレレ講座HEADLINE

ウクレレ

ウクレレの各部の名称



ペグ: 弦を巻き、チューニングを行う部分、がたつきのないものを選びましょう。

ナット: 弦と指板とのクリアランスをつくるものです。振動する弦の端の部分になります。

フレット: このフレットとフレットの間を押さえて音階を決めます。

指板:フレットを打ちこんである部分です。

ホール: ボディ内で共鳴した音を外に出します。

サドル: ブリッジの上についているもので、弦から伝わった振動をブリッジに伝える役目をします。振動する弦の端の部分になります。

ブリッジ: サドルから伝わった振動をボディに伝え、共鳴させます

弦: ウクレレは一般的にどれが1弦か決まってないので、ここでは構えて下から1,2,3,4弦とします。







高木ブーのウクレレ通信講座


ザ・ドリフターズで活躍!

ウクレレ奏者としても大人気の高木ブーさんの指導で、あなたもウクレレが楽しくマスターできます。

わかりやすいテキストと実演指導したビデオで、ウクレレのいろはを高木ブー先生が丁寧に指導。




楽しいウクレレ